One-of-a-kind, custom-designed
Japanese Bizen-style
wood-fired pottery

日本語

土と、水と、空気と、炎と,時間,そして人間の想像や腕次第にできるそれぞれの焼物に、作り方と焚き方も見られるより、私の好みの品物はその作り方と焚き方を強調するのです。電気やガスで焚く窯も便利だけど、穴窯はやはり私のメインの窯です。

。まきの灰はどう品物に積もったか,どの温度まで,どの時間その温度を保持したか、などの事が表面に見られます。釉薬を塗っても,やきしめにしても,他の方法では適わない品物が穴窯からでてきます。もちろん,窯や焚き物の影響が強すぎる場合もあり,影響のなさ過ぎる場合もあり,ちょうどいいのが窯全体からなかなかでてきません。温度が控えめの方がいいもの,その温度が高いほうがいい物を適した場所につめて、窯をなるべくうまく使い,焚いている時に窯の一部が少しあつくなりすぎても他の全体の出来上がりがもっとうまいか,などというふうな計算をして焚きます。